Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

私のムダ毛との付き合い方

私がムダ毛が気になりだしたのは、確か中学校に入ってからだと思います。体育の授業の時、腕や足を出す機会が多いので、女の子ならやっぱり気になりだします。お友達は剃っていたけど、腕がぶつかった時にチクチクするのが私は嫌でした。

何となく親の目も気になって、分からないように抜いたりしてたけど、キリがないのでその内剃るようになりました。けど、すぐチクチクしてくるのが嫌で、どう処理したら良いのか悩みました。

その後は、自宅でできる脱毛器を使って抜いたりしましたが、とにかくものすごく痛いし、毛が抜けたその後、毛が皮膚の下で伸びる過程で丸かって表皮に出てこずトラブルの原因になったりしました。自分のスタイルはそこまで気にならないのですが、ムダ毛が気になって若い時に着たい服も躊躇してしまい、着れずにいました。今考えると勿体ない気がしています。それから、自宅でできるレーザー脱毛器が数多く発売されるやうになり、私も購入して脱毛しました。毛が薄くなり生えてくるのも遅くなりましたが、周期的に繰り返し自分でやるのは、なかなかやる気にならないとできない作業です。最近は脱毛石鹸の商品が数多く出ているので興味があります。試してみたいと思っています。

ただ、最近デリーモという除毛剤を知りました。どんなものなのかデリーモを色々と調べましたが除毛に良いということで買ってみることにしました。

デリーモが届いてからすぐ試してみたのですがすごくきれいに除毛することができました。

しばらくするとまたムダ毛が生えてくるのですが、何度もデリーモを使用していくうちにムダ毛が生えてくるスピードも遅くなりムダ毛の量も少なくなってきました。

現在3本目のデリーモを使用中ですが、気になっていたすね毛はほとんど生えてこなくなったので次は腕毛に使おうと思っています。

腕は量が少ないので背中の毛と同時進行でデリーモを使用していきます。これからもムダ毛を処理するのに使っていきますよ!

脇に黒い点々ができたときの脱毛処理

私がムダ毛を気にし始めたのは高校生の時でした。

中学生時代も腕や足には太めの毛が生えていましたが、当時は気にしていませんでした。

高校生になって気にし始めた理由は、脇毛が生え始めたからです。

とはいっても最初はさほど気にしていなかったのですが、気にするようになったきっかけは、友達の脇毛でした。

部活で練習着に着替える時に、友達が上のシャツを脱ぎ、たまたま目に入ってきたのです。

微かではあるけれども黒い脇毛が一本一本逞しく生えていました。

その時から、私は毛の処理を意識し始めました。

最初はどうすればいいのかわからなかったです。

毛を処理するには、カミソリがいいのか?電動シェーバーがいいのか?脱毛クリームというのも売ってるし・・・。

とりあえず、最初はコストパフォーマンスの良いカミソリで剃ることにしました。

そこから3年くらいは、カミソリを愛用して剃り続けました。

しかし、剃り続けていくうちにその処理方法が「無駄なんじゃないか?」ということに気づき始めました。

カミソリで毛を剃ると、次に生えようとする毛は太くなっていった気がしました。

きれいに剃ったつもりでも、黒い点々が肌に残りました。特に脇は黒ずんだように残りました。

「このままでは、どんどん汚い脇になってしまう!」と焦りました。

その中で、次に意識し始めた処理方法は脱毛エステでした。

正直、最初はお金もかかりそうだし抵抗がありました。

しかし、どんどん黒ずんでいく脇をこのまま進行させるわけにはいかないと思い、まずは脱毛体験というものに行ってみました。最初に私が脱毛体験したのは、電車の広告でよくみかける低価格のお店でした。

1度払うだけで脱毛完了するまで脇脱毛し放題というものでした。

初めてのことだし、最初は「痛くないかな?」とか「ちゃんと脱毛するのかな?」とかドキドキしましたが、脇毛のみだったので15分足らずで終わりました。

店員さんからは2週間ほどで抜けてくるという説明がありました。

2週間後、生えてくる脇毛がスルスルッと勝手に抜けるようになりました。何もしなくても、気づいたらツルツルの脇になってました。

今となっては自分にとって普通のことですが、当時はかなり衝撃的でした。

それから7年以上、脇脱毛は続けてます。

私がやってる脇脱毛は光をあてて生えないようにする脱毛です。

続けていれば、生えてきませんが、たまに数ヶ月通うのを忘れてしまうと、数本生えてきます。

肌の露出が高く夏前はかかせません。

脇がツルツルなだけで自信持って過ごせるので、脇脱毛を初めてよかったです。

今のところ私は脇しか脱毛してないですが、腕や足も今後やろうと思ってます。

ムダ毛処理をする理由

自分は体毛に対してコンプレックスがあるのだと思います。

世間一般では体毛が濃いことが悩みなるようですが、自分の場合ムダ毛が中途半端に生えてくるのがたまらなく嫌になります。

体毛が生え始めた思春期の頃から、自分に体毛が生えることが気持ち悪くてしょうがなかったです。

特に顔の髭は鏡を見るたびに剃り残しが気になり、カミソリで処理し切れなかった髭をピンセットや毛抜きを使って抜き取ることが多いです。

毛抜きを使う際は主にドラッグストアで購入出来る物を使用しています、百円均一のものだと作りが悪く、思ったように髭を抜くことが出来ないので出来るだけ平らな物を選びます。

毛抜きを使う前は洗顔を行い、毛抜きは消毒しておきます。元々髭は抜くものではないので、後になってキズやニキビにならないように出来る限り清潔に保つよう心がけて作業します。

髭は太いものを選び、特に気になる顎から耳にかけてのラインを集中的に抜いています、顎の髭は見えづらいので鏡とライトを上手く使って抜いていきます。最後はスキンクリームを塗って保湿します。

髭を抜くのは正しい手段ではありませんが、処理をすることで気分が落ち着くのでこれはこれで自分にとって必要なことだと思います。

除毛のきっかけ。

私が除毛を始めたのは小学校5年生の時でした。

転入してきた私の隣に座っていた男の子にいきなり「意外に毛深いね」って言われたことがきっかけでした。

そんなことを言われたのは初めてだったので結構ショックを受けた記憶があります。

帰宅後、母親に「毛を剃りたい」と話をして、そんな必要はないと一喝され、泣いたのを覚えてます。

しかし、諦め切れなかった私はお年玉を崩して人生初のかみそりを買い、その日のうちに毛を剃りました。

いきなり毛がなくなったので、親にばれないはずもなくこぴっどく怒られました。

その後も、やはり彼の一言がそのまま尾を引き今も毛を剃り続けています。

今では、小学生でも脱毛をしてくれているサロンがあるので、当時あればよかったのになと思いつつも、

あったとしても親は通わせてくれないよなという複雑な気持ちです。

今現在は、自分も働き始めて多少お金に余裕があるので脱毛サロンに通おうと考えており、複数のサロンから吟味中です。

かみそりで剃ってしまうと、やはりどうしても生えてくるときのざらざら感が気になってしまうのと、

剃っておけばよかったという後悔が度々あるので、いっそのこと全部なくしていまえと思っているところです。

ただし、脱毛サロンにも自分に合う合わない等があるみたいなので、しっかりと向き合って選ぼうと思います。

思春期になって気になりだしたムダ毛

高校生になると毎日スカートを着るようになり、ひざ下のムダ毛が特に気になるようになりました。全校集会があるときは多くの女子がムダ毛を見つけては手で抜いている光景をよく見たのも懐かしく思います。

高校生になると、頻繁に剃ったりしていましたが、埋没毛が気になるようになりました。そのようなムダ毛は毛抜きでほじくって抜いたりしていましたが、あまり繰り返しすぎると肌に良くないのではないかと心配になり、処理の仕方を気にするようになりました。

毛抜き、カミソリ、シェーバー、脱毛クリーム、脱毛スポンジのようなものといろいろと試してみましたが、どれもしっくりくるものはあらず、埋没毛は減ることもありませんでした。社会人になり、自分で稼ぐようになりお金にも余裕ができたときに、脱毛に行ってみました。

ワキやひざと埋没毛が気になっている部位や他の部位と様々な場所を脱毛をしましたが、気になっていた埋没毛はなくなって現在ではほぼ生えてこないようになりました。

たまに薄い毛は生えてきますが、前ほどではなく、カミソリを使う頻度も少なくなり埋没毛もでてきていません。

自分が一番いいと思ったのは脱毛サロンでお願いすることです。確かにお金はかかりますが、本当にムダ毛に悩んでいる人にはお勧めです。

結局は医療脱毛にたどりつきました。

女性にとって脱毛とはきっても切り離せないものだと思います。

現在46歳ですが、若いときはエステの脱毛でも高くとても手が出ず自分でかみそりでシェービングしていましたが肌が痛んでくるのは避けれませんでした。

30歳の頃周りの友達が脇の脱毛をし始めていて、昔の記憶で高くて手が出ないと思っていたエステでの脇脱毛が30,000円(今と比べるとそれでも高い)で手が出る金額になっていることを知り、そして脱毛している友達にもすすめられさっそくエステで脇の脱毛をしました。

それ以外は特に気にしていませんでしたが、最近になり若い友達ができ、全身(含むVIO)の脱毛をしている人がまわりにいて話を聞き調べたところ40歳以上の方で老後を考えたVIO脱毛がはやっていると知りました。

自己処理でのトラブル等もあったため医療レーザーもだいぶ値段が下がってきていたので全身+VIOの5回コースに通うことにしました。

医療レーザーは痛いだけあり施術後数日たつとポロポロと毛が抜け効果が実感できます。

想像以上に痛かったですが、5回コースでVIOはほぼほぼきれいになりました。

全身については太目の毛はきれいになりましたが産毛はなかなかきれいにならないようです。

けれど思い切って医療レーザーにいってとても楽になりました。

エステで何十回も通うより数回ですみますし金額も結果安く済んだ気がします。

おしえてくれた友達に感謝したいです。

カミソリでのムダ毛処理

ムダ毛は年中気になるので、こまめに処理するようにしています。薄着になる夏場はもちろんのこと、油断しがちな冬場でも気になる時があって、いつも苦労しています。

基本的にカミソリでの処理だけなのですが、埋没毛がところどころにあって、処理しても汚く見えてしまうのが悩みです。本来は一日おいてから処理するのが望ましいと思いますが、ついつい気になって剃ってしまうこともたまにあります。その結果、カミソリ負けで肌が荒れたり、脇が黒ずんでしまって、今ではとても見せられない状態になってしまいました。

ムダ毛が気になり始めたのは中学生の頃で、周りのみんなが処理するようになったから自分も、という軽い気持ちで始めました。ちゃんとした知識もないまま、見よう見まねで処理していたので、肌にはかなりの負担をかけていたと思います。処理後に保湿することなども当然知らず、そのまま放置して過ごしていました。もし当時正しい処理やケアの仕方を知っていたら、現在黒ずみなどで思い悩むこともなかったのかも、と少し後悔しています。

現在はなるべく処理の期間を空けたり、終わった後はたっぷり保湿をするなどして、極力肌に負担をかけないように処理・ケアしています。

美容といえばメイクよりスキンケア派

私は肌の色が白いので、中学生の時から腕の産毛が気になり始めました。市販にカミソリが売っていたので購入して使用していました。お風呂場は家族も使うので、カミソリは使う前と後に洗ってしまっていたし、徐毛後は乾燥肌なので保湿クリームを使用しており、特にトラブルはありませんでした。

また、腕の産毛は普段見える箇所なので、処理するときれいになった感じがして今でもメイクよりもスキンケアの方が大事だと思っています。

その後、徐毛クリームを使用しましたが肌に合わず、湿疹ができたので使用を中止し、毛抜きで一本ずつ抜いたりもしましたが、刺激が強く、腫れた跡のようなものが残ってしまったのでやめました。また、ムダ毛を薄くするクリームも使用したことありますが、効果が感じられず、値段も高かったのでやめました。

現在は再びカミソリで腕、脚、アンダーのムダ毛処理しています。顔も顔用という小さいカミソリがあって、助かっています。不器用なのでL字カミソリや刃に安全ガードがついていないやつを使うとケガするので、T字カミソリを使い、刃の枚数が多い方が肌に優しいらしいので、少し高くても5枚刃を選ぶなどのこだわりがあります。

周りのかたから普段からサロンに通っているという話をよく聞くので、私も2年前くらいから興味が出てきました。定期的に通う時間が無く、迷っています。

しかし、値段や入りやすさはイメージと違い、試しに一度行ってみたいと思っています。

脱毛はやっぱりレーザー脱毛

幼稚園の年中頃から自分が毛深いことが嫌でたまらず、既に手で抜いたり、ハサミで切ってしまっていました。

ある時、ハサミで切ってる所を母親に見つかってしまい、「もっと太い毛が生えてゴリラみたいになるよ」と言われ、本気で信じて止めました。その後本当に太い毛や、毛穴がブツブツになって、黒いゴマみたいなのも点々としていたので、怖くなったし、小学校時代は友達にばれないように隠したり、ただ悩むしかなくて、とても辛かったです。

中学校に入ると、女子が皆カミソリでムダ毛処理をしていることを知り、思い切って自分もカミソリを使って処理を始めました。

カミソリや毛抜きで体中を処理し、腕も脚も脇もブツブツ赤くなったり、黒くなったり、血が出たり、大変でした。

大学生になると、母親が豆乳ローションを作ってくれて、毎日塗りました。皮膚が少し柔らかくなって、毛が抜きやすくなりました。

しかし、毛抜きは時間がかかるし、効果はそれ程でも無かったので、結局社会人になって、お金を貯めて、両脚(スネとふくらはぎ)と両脇を医療機関のレーザー脱毛を1年間通って行いました。

すると、本当に毛が生えて来なくなり、毛も抜かなくなったので、毛穴もとても綺麗になり、今では脚がツルツルです。

レーザー脱毛は少し痛みもありましたが、悩みが解決して本当に嬉しいし、やって良かったです。

毛抜きはやめられない

小学校高学年になると、自分の毛深さが気になるようになりました。

腕も足もふさふさで、半袖やスカートを履いたときに目立つのが本当に嫌でした。

少しませている同級生の女の子が毛の処理をしていることを知り、私もやりたい!と母に相談してカミソリで処理を始めました。

しかし、2、3日ですぐに生えてきてしまうため、毎日お風呂の時に処理をするのがかかせなくなりました。

肌の触った感じもちくちくしてしまうので、カミソリでの処理はあんまりよくないなと思い、今度は毛抜きで抜くようになりました。

はじめの頃は一本一本抜くたびにすごい激痛が走り、抜き終わった後は肌が赤くなっていました。

なので、抜き終わったあとはクリームを塗って肌を保護するようにしました。

私の毛はけっこう太いので、抜いたときに毛根が一緒に出てくるのでそれに感動を覚え、楽しくて毛抜きにはまりました。

本数が多かったので、一度抜き始めると止まらなくなって何時間も抜くようになってしまいました。

そうして抜き続けていると、ふくらはぎの内側の部分の毛が生えてこなくなりました。

毛根が死んで生えてこなくなったのだと思い、嬉しくなりました。

他の箇所も、全部とはいきませんが明らかに毛の量が減ったし、毛も薄くなりました。

ただ、埋まってる毛も生えるようになったので、毛穴が黒くなってしまう所もあり、やはり自己処理では限界があるなと感じました。

でも、毛抜きは楽しいのでやめられないです。

脱毛で長年の悩みを自信に

私は中学生の頃から毛の多さに悩んでいました。しかも中学・高校と水泳部。年齢が上がるにつれて悩みは大きくなりました。中学生の時は脱毛クリーム、高校生になるとカミソリを使うなど使う頻度も多くなり、肌への負担も気になるようになりました。親にもなかなか相談ができず、2・3日に一度は毛の処理を自分で行っていました。

大学生になると、脱毛サロンがあることを友人との会話で知る機会がありました。でもまだ学生、通っている友人もそれほど多くなく、するなら全身悩んでいるのだからまとめて全身と決めていたため、お金も用意することが出来ませんでした。毛の処理と肌のダメージの悩みはずっとありました。

社会人になり、安定したお金が入ると同時に絶対脱毛サロンに通うと決めました。長年の悩みが解消される時でした。正しい知識を聞くとカミソリは肌の負担になるのでやめて欲しいとのことでした。すぐにシェーバーに切り替え、現在も全身脱毛サロンに通っています。毛が少なくなってくる実感や自己処理が少なくなり、らくになり綺麗になっていく過程を見ると自分自身への自信に繋がりました。満足いくまでは何年もかかりますが、これからもめげずに通い続け綺麗になりたいです。

わたしのムダ毛歴史

ムダ毛が気になり始めたのは、小学校中学年の頃、母からの「髭が濃いから剃ろうか」の言葉がきっかけでした。もともと体毛が濃い方だったようで、眉毛も繋がっているほどでした。家族からは「剃ると濃くなるから、腕や足の毛は剃らない方がいい」とも言われ禁止されていました。なので、毛が薄くなる効果のあるクリームを塗って過ごしていましたが効果はみられず。夏になると半そで半ズボンで過ごしますが、体毛の目立つ自分と周りの女子たちを見比べて、恥ずかしくみじめな思いをしていました。中学生になり、やっとムダ毛を剃ることを許可されカミソリを使用して処理し始めました。しかし、やはりカミソリを使っていくうちに生えてくるムダ毛はどんどん濃くなり、すぐ生えてくるようになりました。この、すぐ生えてくるのが嫌で、一時は除毛シートを使用していましたが、痛いし、ある程度毛を伸ばさないとムダ毛が取れないので、ムダ毛が伸びるのを待っていなければいけないのですが、制服のスカートを履いて過ごさなければいけないので、だんだん濃く伸びてくるムダ毛を誰かに見られたら恥ずかしいとの思いが苦痛で止めました。それからは2~3日に1回はカミソリを使ってムダ毛処理をしていました。社会人になる頃には毎日剃らないと耐えられないほど、ムダ毛がすぐ伸びてくるようになっていました。繰り返し剃っているので毛がとても太かったです。脇のムダ毛が見えたら嫌だという思いから、夏でも袖丈の長い服装をするようになっていました。ムダ毛がいかに見えないかを考えて服を選ぶようになっていました。そんな生活が続いたある日、体調を崩して入院してしまい、自分の好きにムダ毛処理ができない日が続きました。濃い毛が日に日に伸びていくのを見て、恥ずかしくなったのを覚えています。わたしはこのことがきっかけで脱毛に通い始めました。脱毛に通い始めて2回を過ぎた頃、少しずつムダ毛が薄くなってきました。その後も回数を重ねるごとに生えてくるムダ毛が少なくなり、生えてきたとしても、細々として目立たない毛になりました。あんなに毎日剃っていたムダ毛も今では2~3週間に1回剃れば気にならないほどになりました。

はじめての脱毛から今

わたしがムダ毛を気にするようになったのは、

中学生の時です。

とくに脇毛を気にしていました。

姉がいるのですが、姉よりも私の方が毛が濃いような

気がして恥ずかしいと感じていました。

体育の授業の時は着替えがあるので、

回りの人を気にしてコソコソ着替えていました。

しかし学生時代は気にしても、カミソリで剃ることや

ドラッグストア等に売っている徐毛クリームを

使用するしかなく仕方なく使用してました。

あまり効果も得られず、毎日カミソリで剃る日々でした。

カミソリで剃ると乾燥の原因になったり、

チクチクするような感じになっていました。

社会人になり、自分で働くようになってからは

脱毛サロンに行くようになりました。

回りの友達も行っていたので、近くの店舗で

CM等もよく見かけるお店に決めました。

頻度は2ヶ月に1回、施30程度かかります。

料金は千円もかからないくらいで通い放題でした。

美容脱毛ということもあり、一年程通いましたが

実感が得られず通うのを止めました。

通う前にくらべ、毛の状態は何も変わらず

ただ時間を費やしていた感じがし損しました。

そこで、美容脱毛と医療脱毛について調べるようになり

高いお金を払っても医療脱毛すればよかったなと

思いました。

今はそれに向けて、貯金をし来年あたりには

永久脱毛予定です。

若い頃に永久脱毛がおすすめ

ムダ毛が気になり出したのは中学生頃だったと思います。友人がムダ毛について男子からからかわれていたので処理するものだと知りました。初めはカミソリで剃っていたと思います。軽石でこすったらなくなると言う友人もいましたがやってみても無くなりませんでした。なので私は学生時代はカミソリオンリーでした。働くようになってヘッドが変えられるシェーバーと脱毛器を購入しました。シェーバーはカミソリより肌に優しい感じがしましたが生えて来る時はカミソリと同じで長持ちはしないので脱毛の方を試しましたが痛すぎて結局お風呂場でついでにカミソリで処理していました。足や腕はまだ細い毛なのでそれで良かったのですがやはり脇は剃ってもつぶつぶになるし汚く感じるので美容クリニックでレーザー脱毛することにしました。今はリーズナブルですが当時は両脇一年とアフターケアの年五回を5年間通って気にならなくなるというコースで確か15万だったと思います。クリニックなので追加費用がかかることは一切なく、鎮静の薬ももらっていたかと思います。そのおかげで20年ほど経った今でも脇だけは何もしなくても毛がないので行ってよかったと思っています。手足と顔は相変わらずカミソリなので面倒です。今の時代ならもっと安く全身脱毛できるでしょうが多少は気にはなるけど若い頃ほどムダ毛脇にすることもあまりないので自己処理でいいかなと思っています。

ムダ毛の処理に悩んだ経験

中学生の頃からムダ毛を気にするようになりました。

カミソリで剃るのは、伸びてきた時にチクチクするのに抵抗があり、脱毛クリームを試してみたのですが、、

光に当たるとキラキラしてしまい、更に目立っているような気がしていました。

試行錯誤の末、2日に1回ペースでカミソリで剃ってお手入れし、

チクチクが気にならないようにしていたら、今度は肌が乾燥してゴワゴワした状態になってしまいました。

高校に入学してからは電気シェーバーを購入し、カミソリ程、ムダ毛処理するストレスも感じないようになりました。

けれども肌トラブルは絶えずあり、シェーバー使用での、引っ掻き傷やミミズ腫れと、

やはり常に乾燥した感じがとても嫌でした。

就職してから、自分の周りのみんなが脱毛ブームになっており

私も友達と一緒に無料体験、カウンセリングに行き、

全身脱毛を行う決断をしました。

全身脱毛となると、やはりお安いものではありませんので悩みましたが

ムダ毛処理のストレスには変えられませんでした。

それから約2年程、脱毛周期に合わせて定期的に通い、

個人差があるとは思うのですが、

私の場合、今ではうぶ毛程になり忘れた頃にお手入れする程度です。

女性の身だしなみだからこそ、なるべくストレスをなくして過ごしていきたいですね。

未成年の脱毛方法

ムダ毛が気になりはじめたのは、小学4年生くらいからです。なんとなく足や腕のムダ毛がきになりはじめて、カミソリを買って剃るようになりました。成長期に入ってワキ毛がはえだした5年生からは、脇も剃るようになりました。次第にカミソリ以外の脱毛方法も知るようになり、脱毛クリームやテープ、毛抜きで抜くなどいろいろ試しましたが、一番手っ取り早いカミソリが多かったです。カミソリの際は専用の脱毛フォームもつけて沿っていました。そうすると肌の乾燥が防げたり、キレイ剃れるので仕上がりがチクチクしないのでよかったです。ですが、結局すぐにはえてくるので、自己処理はなかなか大変でした。夏場になると足と腕と脇は1週間に2回は剃っていたと思います。脇毛はだんだん埋もれ毛が出てきたり、剃っても黒いぶつぶつが残っていきキレイに剃れなくなったので、ノースリーブを着れなくなってしまいました。高校卒業までは生まれ育った田舎に住んでいたので、雑誌の情報や友達から永久脱毛といものを聞いていましたが、値段も高かったですし、そもそも田舎にはサロンがなかったのでやることはなかったです。そして、未成年は親の承諾書が必要というのもできなかった理由の1つです。親にはムダ毛で悩んでいることは知られたくなかったですし、毛にお金をかけるなんて理解してもらえないだろうと思い、20歳になったら絶対に永久脱毛するぞ!と心に決めていました。

ケノンで膝下がツルツルになりました。

私の父親がものすごく毛深い人で、父の遺伝子を濃く受け継いだ私は小学5年生の頃には立派な太さのワキ毛やスネ毛が生えておりました。小学校ではプール授業があり、プールに入ってしまえばまだ良いのですが、泳ぐ前には必ず準備運動をしなければならず、スネやワキをみんなの前に晒さなければならないのが嫌で、カミソリが手に入らなかった私はハサミで短くカットするので精一杯。それでもチクチクと見えてしまうので、なるべく腕を上げないようにしなければならず本当に苦痛でした。

中学は幸いなことに水泳は無く見えない部分のムダ毛に油断していたのですが、進学した先の高校でまさかの水泳の授業がありゾッとしました。まさか高校でもプールに入らなければならないなんて…しかも水着は高校指定のもの。ワキもスネも丸出しでした。でもその頃にはカミソリも買えるようになり何とか誤魔化すことは出来るようになり、小学校の頃ほどは苦痛を感じませんでした。

それでもやはり、クラスメイトのムダ毛の無いツルツルなスネやワキは羨ましかったし憧れました。田舎なので脱毛サロンなんて所はなく諦めていたのですが、たまたま脱毛クリームのチラシが入ってくる事がありクリームでも脱毛出来ることを知った私は、他にも脱毛方法が無いか調べ、クチコミからクリームよりも脱毛器の方が効果が高い事を知りました。どうせ買うならクチコミの一番いいやつをと思い、ケノンを購入しました。まだ高校生だった私には高い買い物でしたが逆にそれがやる気に繋がり、コツコツと当て続けたところ、3ヶ月程で成長が止まる毛が出始めて、1年後にはムダ毛の8割方が無くなっていたと思います。

知人に知られることもなくサロンに通わずともムダ毛の悩みから開放され、本当に嬉しかったです。今はワキもスネも何もしなくてもツルツルですが、腕の産毛が濃くなって来たので脱毛をしている途中です。買った当時は高い買い物だと思っていたけれど、数年経ってもまだまだ使える上に自分のペースで使えるので全然安い買い物だったと思っています。今は安価ながらもケノンと同じような性能の機器もありますし、ムダ毛に悩む人がいるならぜひ脱毛器の購入を考えてみて欲しいと思います。

ツルツルになった頃には生足卒業

私はどちらかというと体毛が濃い方で、思春期真っ盛りの高校生のころから髪の毛のように濃くフサフサなすね毛に悩まされておりました。その上、私はフェミニンな恰好が好きで、スカートをはくため毎日のムダ毛の処理は欠かせませんでした。しかし、剃れば剃るほど弊害が生まれるのです。

それはシェーバーで断面の大きくなった毛。黒いつぶつぶになって存在を主張するのです。脇もそうですよね。黒いぶつぶつが気になって脇をあげられない。そんな話をよく聞きます。残念ながらスネは上げるも下げるもできません。

また、剃り続けていると皮膚の下を這って伸びる毛も現れたのです。これが曲者で、存在を主張する上、皮膚を軽く剥かないと剃れません。この処理をしていると剥かれた場所は赤く腫れたり、血が出たりと痛い思いをしなければなりませんでした。

いい加減毎日剃ることに疲れた私は25歳の時にひかり脱毛を始めることに。体毛の濃さによって個人差があるらしいのですが、私は処理がほとんど要らなくなるまでに2年もかかりました・・・。現在は、たまに見ると数本あるかな、くらいですが基本的に理想のツルツルです。黒いつぶつぶも皮膚の下を這う毛もありません。ありがたいことです。

ただ、もう少し早くに脱毛を始めていれば、と後悔しております。何故なら脱毛が完了したころはもう生足を楽しめる歳ではなくなってしまったんですよ。今は毛ではなく足の自体に自信がございません。

女の子の最低限の身だしなみ

私がムダ毛が気になり始めたのは、小学校5年生のときでした。その頃に、脇毛も少し太く目立ちはじめ、足のスネの毛も気になりだしました。

脇の毛は、生えてくるたびにお風呂に入ったときに毛抜きで抜いていました。

すね毛は、カミソリで剃っていました。年上の姉がいるので、こっそりと姉のカミソリを借りて剃っていました。

その頃は、まだ正しい処理の仕方がわかっていなくて、何も塗ったりしなくて剃っていたのでよくカミソリ負けをしていました。

中学生になって、腕の毛も、鼻の下のうぶ毛も気になるようになってきました。その頃には、正しい処理の仕方を覚えたため、お風呂で石鹸を泡立ててから剃るようにしていました。

背中などの、手の届かない箇所は姉や、母に剃ってもらっていました。

中学、高校の頃は、とにかく毛が気になって顔の毛に至っては、毎日剃っていました。まるで、男の人が毎朝、ヒゲを剃っているみたいとよく家族に言われていました。笑

社会人になって、脱毛サロンに行きました。脱毛すると、今までの苦労がなんだったのと思えてくるほど、すぐにツルツルになりました。

今は脱毛して、5年ほどたちました。少し毛は生えてきていますが、気になったらカミソリで処理する程度で、以前より全く気にならなくなりました。

小学生から剃毛を始めた人の話

私は小学生のときから剃毛していました。小学生で胸が膨らみ始めると同時に、性器の周りに毛が生え始めそこから気になり始めました。当初はなんとも思って無かったのですが、夏のプールの授業で周りの子が生えていなくて泣きながら剃ったのが始めです。

 それからずっと足と腕を剃刀で剃毛し、夏の水着を切るときだけ性器周りも剃っていたのですが、ある時に黒ずみや毛が太くなったように見えるが気になり始めてから冬のみ剃るのをやめました。

 時は過ぎて高校生。私にも体まで許せる彼氏ができ半年近く付き合ってた時に「○○(筆者)って毛濃いよね?」と言われてしまいました。勿論体を見せるときは

剃っていたのですが、それがあまりにもショックで自傷行為にまで走ってしまいました。そんな時に修学旅行があり、全身きれいな肌で体毛が薄い子がいたので「いいなぁ」といった所「脱毛してるんだー」と返されてから意識が変わり、医療脱毛を検討するようになりました。

 そこからはひたすらアルバイトをして、安い医療脱毛キャンペーンを謳っている場所にひたすらカウンセリングに行ってました。そして現在医療脱毛4回目が終了した段階なのですが、全身の毛が薄くなりました。また、肌の色まで薄くなり綺麗になったように感じます。