ムダ毛の処理に悩んだ経験

中学生の頃からムダ毛を気にするようになりました。

カミソリで剃るのは、伸びてきた時にチクチクするのに抵抗があり、脱毛クリームを試してみたのですが、、

光に当たるとキラキラしてしまい、更に目立っているような気がしていました。

試行錯誤の末、2日に1回ペースでカミソリで剃ってお手入れし、

チクチクが気にならないようにしていたら、今度は肌が乾燥してゴワゴワした状態になってしまいました。

高校に入学してからは電気シェーバーを購入し、カミソリ程、ムダ毛処理するストレスも感じないようになりました。

けれども肌トラブルは絶えずあり、シェーバー使用での、引っ掻き傷やミミズ腫れと、

やはり常に乾燥した感じがとても嫌でした。

就職してから、自分の周りのみんなが脱毛ブームになっており

私も友達と一緒に無料体験、カウンセリングに行き、

全身脱毛を行う決断をしました。

全身脱毛となると、やはりお安いものではありませんので悩みましたが

ムダ毛処理のストレスには変えられませんでした。

それから約2年程、脱毛周期に合わせて定期的に通い、

個人差があるとは思うのですが、

私の場合、今ではうぶ毛程になり忘れた頃にお手入れする程度です。

女性の身だしなみだからこそ、なるべくストレスをなくして過ごしていきたいですね。

未成年の脱毛方法

ムダ毛が気になりはじめたのは、小学4年生くらいからです。なんとなく足や腕のムダ毛がきになりはじめて、カミソリを買って剃るようになりました。成長期に入ってワキ毛がはえだした5年生からは、脇も剃るようになりました。次第にカミソリ以外の脱毛方法も知るようになり、脱毛クリームやテープ、毛抜きで抜くなどいろいろ試しましたが、一番手っ取り早いカミソリが多かったです。カミソリの際は専用の脱毛フォームもつけて沿っていました。そうすると肌の乾燥が防げたり、キレイ剃れるので仕上がりがチクチクしないのでよかったです。ですが、結局すぐにはえてくるので、自己処理はなかなか大変でした。夏場になると足と腕と脇は1週間に2回は剃っていたと思います。脇毛はだんだん埋もれ毛が出てきたり、剃っても黒いぶつぶつが残っていきキレイに剃れなくなったので、ノースリーブを着れなくなってしまいました。高校卒業までは生まれ育った田舎に住んでいたので、雑誌の情報や友達から永久脱毛といものを聞いていましたが、値段も高かったですし、そもそも田舎にはサロンがなかったのでやることはなかったです。そして、未成年は親の承諾書が必要というのもできなかった理由の1つです。親にはムダ毛で悩んでいることは知られたくなかったですし、毛にお金をかけるなんて理解してもらえないだろうと思い、20歳になったら絶対に永久脱毛するぞ!と心に決めていました。