脱毛はやっぱりレーザー脱毛

幼稚園の年中頃から自分が毛深いことが嫌でたまらず、既に手で抜いたり、ハサミで切ってしまっていました。

ある時、ハサミで切ってる所を母親に見つかってしまい、「もっと太い毛が生えてゴリラみたいになるよ」と言われ、本気で信じて止めました。その後本当に太い毛や、毛穴がブツブツになって、黒いゴマみたいなのも点々としていたので、怖くなったし、小学校時代は友達にばれないように隠したり、ただ悩むしかなくて、とても辛かったです。

中学校に入ると、女子が皆カミソリでムダ毛処理をしていることを知り、思い切って自分もカミソリを使って処理を始めました。

カミソリや毛抜きで体中を処理し、腕も脚も脇もブツブツ赤くなったり、黒くなったり、血が出たり、大変でした。

大学生になると、母親が豆乳ローションを作ってくれて、毎日塗りました。皮膚が少し柔らかくなって、毛が抜きやすくなりました。

しかし、毛抜きは時間がかかるし、効果はそれ程でも無かったので、結局社会人になって、お金を貯めて、両脚(スネとふくらはぎ)と両脇を医療機関のレーザー脱毛を1年間通って行いました。

すると、本当に毛が生えて来なくなり、毛も抜かなくなったので、毛穴もとても綺麗になり、今では脚がツルツルです。

レーザー脱毛は少し痛みもありましたが、悩みが解決して本当に嬉しいし、やって良かったです。

毛抜きはやめられない

小学校高学年になると、自分の毛深さが気になるようになりました。

腕も足もふさふさで、半袖やスカートを履いたときに目立つのが本当に嫌でした。

少しませている同級生の女の子が毛の処理をしていることを知り、私もやりたい!と母に相談してカミソリで処理を始めました。

しかし、2、3日ですぐに生えてきてしまうため、毎日お風呂の時に処理をするのがかかせなくなりました。

肌の触った感じもちくちくしてしまうので、カミソリでの処理はあんまりよくないなと思い、今度は毛抜きで抜くようになりました。

はじめの頃は一本一本抜くたびにすごい激痛が走り、抜き終わった後は肌が赤くなっていました。

なので、抜き終わったあとはクリームを塗って肌を保護するようにしました。

私の毛はけっこう太いので、抜いたときに毛根が一緒に出てくるのでそれに感動を覚え、楽しくて毛抜きにはまりました。

本数が多かったので、一度抜き始めると止まらなくなって何時間も抜くようになってしまいました。

そうして抜き続けていると、ふくらはぎの内側の部分の毛が生えてこなくなりました。

毛根が死んで生えてこなくなったのだと思い、嬉しくなりました。

他の箇所も、全部とはいきませんが明らかに毛の量が減ったし、毛も薄くなりました。

ただ、埋まってる毛も生えるようになったので、毛穴が黒くなってしまう所もあり、やはり自己処理では限界があるなと感じました。

でも、毛抜きは楽しいのでやめられないです。